少年の心をくすぐるアニメ~「銀河鉄道999」(りんたろう)

前年から、テレビアニメが放映されていました。全100回を超える、今では信じられない長い物語です。映画化が決まったのはテレビアニメと、ほぼ同時でした。ただ、大きな違いがあります。それは主人公である哲郎の年齢です。

テレビアニメ版は10歳でした。まだ、幼さが残っています。メーテルは母親的な存在でした。劇場版では、それが15歳になっています。たった、5歳の差ですが、この時期としては、かなり、印象が異なるでしょう。メーテルは年上の女性として描かれています。

少年の心をくすぐるのは、この15歳だからです。顔が変わっただけではなく、性格も成長しています。だからこそ、最後のシーンが輝いて見えてしまうのでしょう。15歳でしか感じ取れないことを思い出す方も多くいるはずです。

映画版には監修として、市川崑監督の名前がクレジットされています。贅沢なアニメです。実際、どこまでアドバイスなどをしていたのかは分かりません。ただ、極上の物語になったことは素晴らしいとしか言いようがないでしょう。

ゴダイゴの「銀河鉄道999」。歌詞やメロディも含めて、この映画にはピッタリです。さあ、せっかくなので家で映画を観ながら、歌ってみませんか?