テレサ・テンの印象が変わります~「ラヴソング」(ピーター・チャン)

日本でヒットした曲といえば「つぐない」や「時の流れに身をまかせ」あたりでしょうか。歌謡曲の歌手というイメージです。それが、一時期の中国では流行しすぎて、禁止命令さえ出されていたのですから、信じられませんよね。

映画「ラヴソング」では主題歌の「甜蜜蜜」だけではなく、日本のカバー曲が使われています。「長崎は今日も雨だった」と「グッドバイ・マイ・ラブ」です。どちらも、彼女の歌になっています。テレサ・テンが最初から歌っていたような感じです。さすがとしか言いようがありません。

この映画は1997年、映画賞(香港のアカデミー賞みたいなものです)を総ナメしました。特に、最優秀女優賞をとったマギー・チャンの演技は輝いています。ジャッキー・チェンの「ポリス・ストーリー」シリーズに出演していた頃とは、まるで別人です。

話としては、基本的に香港を舞台にした、タイトル通りのラブストーリーと言っていいでしょう。正統派です。映画のなかでは、かなり長い時間が過ぎていきます。ただし、観ている側にとっては、あっという間の2時間でしょう。

香港映画のなかでも人気の高い作品です。もし、まだ、観ていなければ、ぜひ、一度、味わってみてください。