精霊が宿る純粋無垢なスペイン映画~「ミツバチのささやき」(ビクトル・エリセ)

ストーリーを味わう映画ではありません。これは先に言っておいたほうがいいでしょう。スペイン内戦などの背景も、ところどころに出てきますが気にしなくてかまいません。アナ・トレントのための映画と言い切っていいと思います。

ポイントになるのは、アナ(アナ・トレントの役名)が住む町にやってきた映画です。映画館ではありません。あちらこちらの街をめぐる映画屋さんという感じでしょうか。上映されるのは「フランケンシュタイン」です。これ、ホラー映画ではありません。よく誤解されます。とても悲しみに満ちた映画です。

アナはフランケンシュタインのある行動に疑問をもちます。これが彼女の純粋さを象徴しているシーンです。この映画の原題は「ザ・スピリット・オブ・ザ・ビーハイブ」。ビーハイブはミツバチの巣箱です。スピリットは、この映画では精霊ですね。

映画で、アナ以外の登場人物は謎が多くあり、すべては明らかにされません。解説者はさまざまな解釈をしています。でも、そんなことは、どうでもいいことです。ただ、ゆるやかに流れる映像に浸るだけで優しい気持ちになれます。最も美しいシーンは列車が出てくるところです。何とも言えない気分になるでしょう。