音楽と映像が絶妙に混ざった傑作です~「トレインスポッティング」(ダニー・ボイル)

オープニングから惹きこまれていくことまちがいなしです。イギー・ポップ「ラスト・フォー・ライフ」に合わせて、主人公たちが街を走っていきます。ノーカットです。ふつう、挿入歌は一部だけが使われることが多いでしょう。「ラスト・フォー・ライフ」のイントロから最後まで途切れることがありません。

主演はレントン役のユアン・マクレガー。この作品で一気にブレイクしました。まさか「スター・ウォーズ」の主役まで演じるとは想像もつきません。

使用されている音楽は他にもあります。ルー・リードの「パーフェクト・デイ」は、この映画のなかで唯一といっていい切なさの残るシーンに使われていました。アンダーワールド「ボーン・スリッピー」を抜きに「トレインスポッティング」は語れません。テーマ・ソングでもあります。大ヒットしました。

アーヴィン・ウェルシュ監督とアンダーワールドは後に、ロンドン五輪でもコンビを組んでいます。開会式と閉会式では英国らしい雰囲気を世界中に届けました。よほど相性がいいんでしょうね。

サウンドトラック盤は2枚発売されています。映画を観て、気に入ったら、こちらもぜひ聴いてみてください。どちらも最高にクールですよ。