巨匠が探偵小説のメガホンをとると…~「犬神家の一族」(市川崑)

市川崑監督は日本が誇る巨匠の一人です。「ビルマの竪琴」で海外の賞を受賞しました。他にも「東京オリンピック」や「野火」、「鍵」、「おとうと」などキリがありません。「犬神家の一族」を撮る時点で、すでに世界にも名前を知られた監督でした。

映像はものすごく凝っています。モノクロのシーンを混ぜたり、女優をアップで撮影して表情だけで心情を表現したり、ただの推理小説にはなっていません。2006年にはリメイク版までつくったことから市川崑監督もお気に入りの素材であったのでしょう。

ここでよく問題になることがあります。それは探偵の金田一耕助です。誰か適任なのか、誰が最もファンの納得する俳優なのか、ですね。映画版「犬神家の一族」では石坂浩二が演じています。この作品以外にも数作ありました。

これらとは別に映画化された中には片岡千恵蔵や高倉健、中尾彬、渥美清、西田敏行、テレビ版でも演じていた古谷一行、三船敏郎など、名だたる名優が並びます。誰が?これはそれぞれの方の好みですね。

市川崑監督の「犬神家の一族」が邦画の数理小説でナンバーワンという方も少なくありません。もし、観ていない方や忘れてしまった方がいれば、オススメの1本です。